組合からのお知らせ

【速報】全国新酒鑑評会 福島県が金賞受賞数5年連続日本一!

全国新酒鑑評会において、福島県が5連覇を達成です!

先日行われました「平成28酒造年度全国新酒鑑評会」において、
福島県は最高賞である金賞受賞数が22銘柄と、5年連続日本一となりました。
金賞受賞銘柄のうち、会津地域の蔵元が13蔵と半数以上を占めました。
(うち当組合の蔵元は5蔵)
今回も牽引役として一翼を担っております。

会津清酒の品質と醸造技術の向上につとめた、
各蔵元の努力が実を結んだ5連覇。
そして、福島県と会津の日本酒を愛してくださる皆様のおかげです。

日本一おいしいお酒が飲める郷」として、
これからも会津地域の蔵元一丸となって
会津清酒の品質向上に取り組んでまいります。

素晴らしい福島県と「会津清酒に乾杯!」
これからも会津清酒をよろしくお願いいたします。


(写真はイメージです。本年の受賞銘柄とは異なります。)

当組合の蔵元の金賞受賞酒・入賞酒

蔵元名 銘柄
金賞 名倉山酒造 名倉山
榮川酒造 榮四郎
鶴乃江酒造 会津中将
末廣酒造 玄宰
稲川酒造店 稲川
入賞 山口合名 会州一
辰泉酒造 京の華

全国新酒鑑評会の結果についてはこちらをご覧ください。
(独)酒類総合研究所「平成28酒造年度全国新酒鑑評会入賞酒について」
http://www.nrib.go.jp/kan/h28by/h28bymoku_top.htm

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

会津若松酒造協同組合
〒965-0803 福島県会津若松市城前2-3 TEL/0242-26-1515 FAX/0242-26-1516
・飲酒運転は絶対にやめましょう ・お酒は二十歳になってから

Copyright © 2014 会津若松酒造協同組合 All Rights Reserved.

会津若松酒造協同組合から12の蔵元と日本酒に関する情報をご紹介

このページのトップへ